炭水化物ダイエットとお酒の関係

炭水化物ダイエットをする時にお酒を飲んでもよいのでしょうか。また、お酒は炭水化物抜きダイエットでいうところの炭水化物に該当するのでしょうか。

炭水化物ダイエットとは炭水化物の摂取量を極端に減らすダイエット方法です。ご飯を抜いて炭水化物を摂取しなかったとしても、もしお酒が炭水化物に該当すれば炭水化物を抜いたことにはなりません。そうなれば炭水化物ダイエットの失敗です。

お酒はもともと炭水化物を原料として作った飲み物です。だから原料として考えればお酒は炭水化物となります。しかし炭水化物がお酒に変化した時点で、エネルギー源としては炭水化物からアルコールに変化しています。

食品成分表を見ると、アルコールにもカロリーはあります。じゃあやっぱりアルコールを飲むと太ってしまうのでしょうか。

アルコールのカロリーは太らない

実はアルコールのカロリーは摂取しても太りません。アルコールのカロリーはエンプティーカロリーと言って、摂取してもすぐにエネルギーとして消費されてしまうからです。

だからアルコールはカロリーとして換算する必要がないため、炭水化物ダイエットを行っている時には炭水化物として換算する必要はありません。お酒を飲みながら炭水化物ダイエットを行っても問題はないというわけです。

ただし、お酒に含まれるカロリーはアルコールだけではありません。食品成分表をよく見ればわかると思いますが、お酒にはアルコールの他に炭水化物が含まれています。原料の特徴を残す割合の多いお酒ほど炭水化物を多く含んでいて、逆に蒸留酒など完全にアルコール分だけを抜き取ったお酒の種類には炭水化物がほとんど含まれていません。

炭水化物ダイエットを行う時に炭水化物を無視できるお酒とは、ウイスキーや焼酎といった蒸留酒だというわけです。ビールや日本酒などは炭水化物を含みます。さらにカクテルなど甘いお酒(砂糖が入ったお酒)は非常に多くの炭水化物を含んでいます。

お酒を飲んでも炭水化物ダイエットはできるけど・・・

いくらお酒を飲みながらできるとは言っても、炭水化物ダイエットは危険性の高いダイエット方法です。炭水化物ダイエットで健康を害する危険があります。

詳しくは他の記事で書いていますが、炭水化物ダイエットを行うことにより心臓病や肝臓病の危険性が増します。

炭水化物ダイエットをやるなら、このような危険性について知っておく必要があります。