炭水化物が少ない食品(炭水化物ダイエットに適した食品)

炭水化物ダイエットに適した、炭水化物の少ない食品を選ぶコツについて解説します。全ての食品の炭水化物量を調べてもきりがないので、ダイエットに適した食品を選ぶコツを知っておいた方が有益です。

炭水化物が多い食品

まず炭水化物が多い食品はご飯や麺類、そしてパンなどです。さらにジャムやジュースなどの砂糖が入った甘い食品にも炭水化物が多く含まれています。砂糖イコール炭水化物だからです。

こうしてみると、炭水化物の多い食品には高カロリーな食品が多い、という共通点があることに気づかれたのではないでしょうか。

炭水化物が少ない食品

その反対に、炭水化物が少ない食品には低カロリーな食品が多いです。例えば白菜や小松菜など葉物野菜は低カロリーであり、炭水化物も少ない食品です。また、豆腐も100g当り50kcalから70kcalくらいと低カロリーです。

炭水化物が少ないが、脂肪や油が多い食品

ただし炭水化物が少ない食品の中にも、脂肪や油を含むため高カロリーな食品があります。例えばマヨネーズやドレッシング、脂身の多い牛肉などの食品です。また、例えばケーキなど炭水化物と脂肪や油の両方を含む高カロリーな食品もあります。

いくら炭水化物が少ない食品であったとしても、脂身の多い牛肉のような高カロリーな食品はダイエットに適しません。いくら炭水化物を控えても、食品の脂肪や油は体脂肪として最も蓄えられやすいカロリーだからです。脂肪や油を摂取するくらいなら、炭水化物を摂取した方がまだダイエット効果は高いです。

炭水化物ダイエットに適した食品

そう考えると、炭水化物ダイエットに適した食品を見つけ出すコツとしては、低カロリーであり脂肪や油をあまり含まない食品となります。

この条件に当てはまる食品としては先述の豆腐や葉物野菜の他、脂肪の少ない鶏肉や魚があります。こういった食品には食物繊維が多い食品、たんぱく質が多い食品が多いです。また、食物繊維が多い食品やたんぱく質が多い食品はダイエットに適した食品です。

ところで、今までに挙げてきた食品は全て、鍋料理に適した材料ではないでしょうか。多少脂身が含まれた肉や魚であっても、鍋料理にすればスープの中に脂が溶け出して低カロリーになります。

結論としては、最も炭水化物ダイエットに適した料理が鍋料理であり、最も炭水化物ダイエットに適した食品が鍋料理の材料となります。実際のところ、鍋料理はダイエットを成功させるのに非常に適した料理です。

ダイエットを成功させるコツとしては、できるだけ鍋料理を取り入れるようにしましょう。