ヨーグルトにはダイエット効果があるの?

ヨーグルトにはどんなダイエット効果があるのでしょうか。ヨーグルトが健康に与える効果のイメージとしては便秘解消効果が挙げられます。便秘解消効果はお腹のポッコリが気になる人にとってはダイエット効果を見込めるもの。

ただしヨーグルトを食べることで体脂肪が減るわけではありません。その意味ではヨーグルトにはダイエット効果がないとも言えますが、ヨーグルトを食べることによる便秘解消効果は確かなものです。お腹ポッコリが気になる人にとってはその意味でダイエット効果があると言え、オススメのダイエット食品と言えるでしょう。

また、便秘解消といえば腸の健康に直結することです。しかも腸の健康と体の健康には密接なつながりがありますので、ヨーグルトの持つ健康増進効果も見逃せません。ヨーグルトはお腹ポッコリの解消という観点からのダイエット効果とともに健康効果にも優れた食品です。

ヨーグルトの乳酸菌が便秘を解消

ヨーグルトに乳酸菌が含まれていることはよく知られていますが、ヨーグルトの便秘解消効果とは乳酸菌の役割によるものです。乳酸菌の健康イメージはよく広まっていると思います。乳酸菌が作る酢酸などの酸性が、腸内の悪玉菌を退治することで腸の健康に役立ちます。

腸内には健康維持に有益な善玉菌(乳酸菌)と、健康維持を妨害する悪玉菌(大腸菌など)、そして善玉菌でも悪玉菌でもない中立の菌が存在しています。腸内に悪玉菌が多く増えてくると腸の動きが鈍くなり、便秘になってしまいます。そこへヨーグルトを食べて善玉菌を取り入れることで、善玉菌が作り出す酢酸などの酸性によって悪玉菌が減ります。悪玉菌が減れば善玉菌の割合が多くなるので腸の動きが活発になり、便秘が解消されるというわけです。

便秘解消は厳密にはダイエット効果ではない

便秘解消はダイエットに直接結びつくものではないため、便秘解消によってダイエット効果が生まれるわけではありません。厳密に言えばヨーグルトを食べる分のカロリーだけ太ります。だからヨーグルトを食べる分のカロリーはおやつを控えるなどして1日のトータルでは減らさなければなりません。

便秘解消はお腹のポッコリ対策に

便秘解消はお腹のポッコリを解消させるには有益です。お腹がポッコリと大きくなる原因の1つが便秘だからです。便秘によってお腹に便がたまっている状態だと、お腹がポッコリと膨らんでしまうのです。

だから体全身のダイエット効果だけではお腹のポッコリだけが解消されない場合、ヨーグルトを食べて便秘を解消させることがお腹のポッコリ対策には効果的なのです。