ダイエットには酵素ドリンクが効果あり?

酵素ドリンクのダイエット効果を考える前に、まず酵素ダイエットというダイエット方法の名称に問題があると思います。なぜなら酵素ダイエットという名称から連想することが、酵素という成分にダイエット効果があるということだからです。

酵素という成分そのものにダイエット効果がないことから、酵素ダイエットという名称は誤解を与えてしまうと思います。

体内では様々な効果を持つ酵素が働いていて、酵素ドリンクを飲むことで体内で働く酵素を補うことができれば健康に対して非常に有益なはずです。しかし、酵素を酵素ドリンクを飲むことで補ったとしても、体に吸収される前に胃液で酵素の活性が失われてしまい、酵素としての効果を全く発揮しません。

酵素ドリンクだけでなく、ごく一般的な食品から酵素を補おうとしても結果は同じです。その食品自体に酵素が入っていたとしても、口に入れて胃液と混ざった時点でその酵素は酵素としての効果を失ってしまいます。だから、酵素ドリンクを酵素を補うことを目的として飲んでも全く意味がないということです。

酵素ドリンクをダイエット効果として考えた場合、置き換えダイエットとしてのダイエット効果が期待できます。酵素ダイエットとはただ酵素ドリンクを飲むことでダイエットに役立つというものではなく、食事の一食分を抜いてその代りに酵素ドリンクを飲むことで、摂取カロリーを減らすダイエット方法です。

酵素ダイエットはダイエットドリンクと言い換えが可能です。ダイエットドリンクも酵素ダイエットと全く同じ考え方で、食事の一食分を抜いてその代わりにダイエットドリンクを飲みます。ダイエットドリンクが低カロリーなので、摂取カロリーを抑えることができてその分痩せられるというものです。

酵素ダイエットはダイエットドリンクを飲む置き換えダイエットと比べて、健康によくありません。なぜなら、たいていのダイエットドリンク1食分には1食分のたんぱく質とビタミン、ミネラルが配合されています。食事を一食抜いたとしてもダイエットドリンクに一食分のたんぱく質、ビタミン、ミネラルが含まれているので、健康への悪影響を最小限にとどめることができます。

しかし酵素ドリンクにはビタミン、ミネラルが配合されていません。さらに決定的に酵素ダイエットに問題点を与えている要素として、酵素ドリンクにはたんぱく質が配合されていないことです。

ダイエット中にはビタミンやミネラル、そしてたんぱく質の摂取が欠かせません。これらの栄養素を補わずにダイエットをすれば健康に悪影響を与えますし、さらにたんぱく質の不足がリバウンドを急速に招いてしまいます。

酵素ドリンクによる酵素ダイエットは問題点だらけのダイエット方法というわけです。