ウォーキングはダイエット効果に優れる

ウォーキングのダイエット効果について考えてみましょう。ウォーキングはダイエットを成功させるうえで非常に有利な運動です。ウォーキングがダイエットの成功を有利にしている要素として、2つ挙げられます。その1つがウォーキングは比較的軽い運動なので体力があまりない人でも続けやすいこと、そしてもう1つが基礎代謝量を上げやすい運動であるということです。

運動はジョギングよりも気軽にできて、続けやすいと思います。また、筋肉トレーニングのように基礎代謝量が上がりにくい運動とは正反対の有酸素運動に部類します。基礎代謝量が上がりやすい運動の定義については次の記事を参照してください。

ダイエット効果が高い運動は?

ウォーキングは基礎代謝量を上げることができる運動です。その理由については上の参照記事を見ていただければわかりますが、ウォーキングが有酸素運動に部類するからです。ウォーキングすることによって呼吸をして酸素を取り入れることにより、基礎代謝量が上がっていきます。

今運動をしている時に消費しているカロリーだけを考えるとウォーキングでも筋肉トレーニングでも同じことですが、運動後に消費する基礎代謝による消費カロリーまで計算に入れるとウォーキングのような有酸素運動の方がダイエット効果が上です。

ウォーキングが軽い運動で続けやすいことも見逃せません。ジョギングは体力的な問題からできないという人も多いのではないでしょうか。その点、ウォーキングならちょっと散歩する程度の軽い気持ちで運動できます。

ジョギングなら「よし今からやるぞ!」と決心しなければなかなかできないものですが、ウォーキングなら通勤の1駅を歩くという感じでお手軽に運動できます。

また、ウィンドウショッピングをしながらウォーキングすることも可能です。ウォーキングを運動として考えれば気構えが必要かもしれませんが、何かをするついでにウォーキングをするように頭を使えば最もお手軽な運動と言えるのではないでしょうか。