ダイエット効果のあるお茶は?

お茶のダイエット効果に関しては一般的に言って2通りの種類があります。1つ目の種類がいわゆるダイエット茶で、お茶に下剤の成分を混ぜているものです。「○○kgのダイエットを成功させるお茶」といったものはたいてい下剤が入っています。

お茶の下剤成分としてはセンナが入っていることが多いですが、原材料名にセンナが書いてなくてもこっそり配合していることもあります。

また、体の内側からキレイにするといったお茶、便秘に効くお茶として宣伝しているダイエット茶もたいてい下剤の成分が含まれています。

一方、2つ目の種類のお茶はダイエット効果は緩やかですが、下剤によって便を出すのではなく体脂肪に働きかける成分を含む安全なお茶です。

お茶に下剤成分が含まれている場合、飲めばスッキリと便を出せて「これ効いているんじゃない!」という爽快感がありますが、下剤成分の安全性に対する不安はぬぐいきれません。

よくダイエットで下剤を飲んで痩せようとする人がいると思います。便は水分を含んでいてそれなりの重量があるため、下剤を飲んで便を出せば翌朝の体重を落とすことはできます。便はお腹の位置である腸にあるため、便をスッキリ出すことでその場ではお腹のぽっこりも少し解消します。

しかし毎日食事をしている以上、便は次から次へと作られるので、次にまた下剤を飲まなければ体重も元に戻ってしまい、お腹もまたぽっこりしてしまいます。要は下剤を飲むダイエットは毎日下剤を飲み続けなければすぐにリバウンドしてしまうのです。

さらに、下剤は毎日飲んでいると体が下剤の成分に慣れていくため、ある段階から通常の量の下剤では効き目がなくなってきます。効き目がなくなった時に人間の取る行動が、下剤の量を増やすことです。こうして、下剤を飲まなければ全く便が出ない体になってしまい、いずれは下剤を飲んでも全く効かない体になってしまいます。

以上の理由から下剤を含むお茶は安全とは言えません。

ダイエット効果のあるお茶は緑茶です。緑茶はいわゆる下剤を含むダイエット茶と比べれば翌朝スッキリといった劇的な効果はありませんが、毎日飲んでいると飲まないよりはダイエット効果を期待できるお茶という位置づけです。

緑茶にはカテキンが含まれていますが、このカテキンにはダイエット効果があります。もちろんカテキンを含むお茶なら緑茶以外でもよいのですが、カテキンが多く含まれているのは緑茶でしょう。緑茶を濃いめに入れて飲むとカテキンをたっぷり補えます。

ヘルシア緑茶は「本品は茶カテキンを豊富に含んでおり、エネルギーとして脂肪を消費しやすくするので、体脂肪が気になる方に適しています。」との許可表示で特定保健用食品に認可されています。

緑茶を濃いめに入れて飲むことがポイントです。しかしダイエット効果は劇的ではないので、食事制限や運動もきちんとしながらプラスアルファ程度の期待で飲みましょう。