ダイエットに効果抜群な野菜の活用法

ダイエットに効果的な野菜の活用法を考えてみたいと思います。野菜は低カロリーでダイエットに欠かせないビタミンやミネラルも豊富。さらに食物繊維も豊富に含まれていて腹持ちもよいので、ダイエット中に食事制限するならうまく活用したいものです。

ダイエット中に野菜をうまく活用するかしないかで、ダイエットのやりやすさが断然違ってきます。野菜をうまく活用した方がダイエットの成功率は飛躍的に上昇すると言っても過言ではありません。

よく野菜のカロリーは太りますか?、という質問を耳にしますが、野菜は非常に低カロリーなので全く太る心配はしなくてもかまいません。例えば白菜の生で言えば100g当りたったの14kcalです。

いくら低カロリーだといっても、多量に食べれば太るのではないか?、という疑問があるかもしれませんが、太るだけの量の野菜を食べることはほぼ不可能です。野菜には太るだけのカロリーがないので、基本的に野菜は食べ放題で問題ありません。

しかし野菜にも問題のある食べ方があり、そのような食べ方をすれば一気に太ってしまいます。野菜の問題のある食べ方とは、カロリーの高い調味料をかけて野菜を食べることです。

例えばドレッシングやマヨネーズをたっぷりかけて生野菜を食べたりすれば、当然一気に太ります。ドレッシングやマヨネーズのカロリーはとても高いからです。いくら野菜が低カロリーだと言っても、高カロリーな調味料をかけて食べていれば意味がありません。

ダイエット効果が高い野菜料理は、何と言っても水炊きでしょう。水炊きがダイエットに有利な理由はたくさんありますが、満腹になるまで食べ放題で食べてもよい点が一番の理由でしょう。

水炊きの材料は低カロリーなたんぱく源として鶏肉や魚、豆腐などを適量用意し、あとは水炊きに適した好みの野菜を食べ放題で食べれるだけの量を用意します。白菜や水菜など野菜の種類は好みで決めてもかまいません。

ただし上でも書いた通り、低カロリーの野菜であっても高カロリーの調味料をかけて食べたのでは一気に太ります。例えばごまだれにつけて食べれば、ごまだれが高カロリーなので太るのは当然のことです。オススメの調味料はポン酢です。さっぱりして飽きがこないしカロリーもほとんどないので、水炊きとの相性は抜群です。