ノニにはダイエット効果がない?

ノニはダイエットに効果があると言われていますが、実際のところはダイエット効果があるのでしょうか。ノニはノニジュースやノニ粉末をカプセルにしたものが市販されていますが、ノニに含まれる様々な成分がダイエットや健康によいと解説されています。

ノニに含まれている主な成分は食物繊維、スコポレチン、中鎖脂肪酸、各種ビタミン・ミネラル、各種アミノ酸です。

これらの成分の中でも、ダイエットに関係するのが食物繊維、スコポレチン、中鎖脂肪酸の3つの成分だと言われています。食物繊維は水に溶けない不溶性食物繊維、水に溶ける水溶性食物繊維の2種類があり、ノニジュースの食物繊維は不溶性食物繊維が70%、水溶性食物繊維が30%です。

水溶性食物繊維はうまく活用すればダイエット効果があります。水溶性食物繊維のダイエット効果のメカニズムですが、食事と一緒に水溶性食物繊維を摂取することで、腸から食物が吸収される速度が緩やかになります。

実は食欲というものは食物の吸収速度と連動していて、食物が吸収される速度が遅いほど満腹感が持続します。満腹感が持続するということは間食したい気持ちが沸き起こらないということなので、すなわち水溶性食物繊維のダイエット効果とは、食欲コントロールに関係するものです。

空腹感や満腹感と血糖値には密接な関係があります。血糖値が低い時は空腹を感じ、血糖値が高い時は満腹を感じます。そして、食事をすれば血糖値が高くなります。

食べた物は腸で吸収されますが、食事の時に食物繊維を全く摂取していない場合、食物の腸からの吸収速度が最大になります。反対に、食事の時に食物繊維を摂取していた場合、食物繊維量に比例して食物の腸からの吸収速度が遅くなります。

食物の腸からの吸収速度が遅ければ遅いほど、血糖値が緩やかに持続して放出され続け、血糖値が緩やかな上昇を保っている間はずっと満腹感が持続します。

このような食物の腸からの吸収速度を遅くする効果は、不溶性食物繊維よりも水溶性食物繊維の方が大きいです。

ノニジュースの食物繊維含有量は、ジュースの重量に対して0.5%の割合で含まれているようです。基本的に1日1回30ml程度の摂取が推奨されているようですので、ノニジュースの1日摂取目安量には0.15gの食物繊維が含まれています。

成人の食物繊維の1日当たりの栄養所要量が20~25gなので、ノニジュースではほとんど食物繊維を補うことができない、というのが正直なところです。

スコポレチンは血圧を下げる効果を期待できます。また、中鎖脂肪酸は体脂肪になりにくいと言われている脂肪です。

スコポレチンに関してはダイエット成分というより、健康効果を期待できる成分です。中鎖脂肪酸に関しては体脂肪になりにくいとはいえ、脂肪を摂取する以上カロリーを摂取することには変わりがないので、ダイエット効果とは言い難いです。

結局のところ、ノニには解説されているほどのダイエット効果はなかった、という結論になります。