自転車ダイエットは体脂肪に効果あり!

自転車のダイエット効果の特徴は体脂肪を減らすことにあります。体脂肪を減らすことができれば綺麗な細い体型になれ、履けなかったジーパンを履けるようになったり、入らなかった洋服が入るようになったりします。

自転車でダイエットしていてもなかなか体重に変化が現われないことがありますが、もし体重が変わらなくても体型が細くなっていることが大半ですので、鏡で自分の体型をチェックしながら自転車ダイエットを続けるとよいでしょう。

自転車ダイエットで体型が細くなる理由は、自転車をこぐ運動によって体脂肪を効率よく減らすことができるからです。一般的にいって食事制限でダイエットを行うと、体重が減った場合でも体型が細くならない場合があります。これはなぜかというと、食事制限によって減っていたのは体脂肪ではなく、主に体の筋肉が減っていたからです。

例えばお腹のぽっこりの原因を考えて見ましょう。お腹がぽっこりする原因はお腹に脂肪がついているからです。食事制限ではお腹の脂肪が減りにくく、その代り体の筋肉が減っていきます。そうなるとお腹のぽっこりが解消されないばかりか、やつれたような見苦しい体になってしまいます。

自転車など運動でダイエットをした場合、体の筋肉は減らずにお腹の脂肪だけが減っていきます。もし自転車ダイエットをしていていつまでたっても体重に変化がない場合、体に健康的に筋肉が付きながら体脂肪を減らすことに成功したことを意味します。

自転車の消費カロリーは普通の速さでこいだ場合、体重60キロの女性で1時間に150kcal消費します。これは通勤や買物程度の普通の速さのウォーキング(同じく120kcal)より少し消費カロリーが多めです。

自転車での運動はウォーキングに比べてサドルに座る分、足首や膝、腰などへの負担が減ります。だから下半身が弱い人にとってはオススメの運動です。また、自転車の場合は景色を楽しみながら運動できますし、ウォーキングではちょっと遠すぎる所へ買い物しに行く時にも活用できます。

自転車ダイエットを成功させるコツは、自転車に乗ることをダイエットととらえずに楽しみながら行うように工夫することです。