ヨガとピラティスならダイエット効果はどっちが大きい?

ヨガとピラティスなら、ピラティスのダイエット効果の方が大きいです。ヨガとピラティスの違いっていまいちわかりにくいところがありますが、大まかにいって部分痩せ効果が大きいのがピラティスです。

ピラティスはコアの筋肉とかインナーマッスルとか言われる、体の中心的な部分の筋肉を効果的に鍛えることができます。ピラティスは体の線を綺麗に見せるような筋肉を鍛え、体を細く引き締めるので直接的なダイエット効果が大きいのです。

これに対してヨガの特徴は、体の筋肉を鍛えるというよりもどちらかと言うと、精神的なリラックスに重点が置かれています。ヨガのポーズはピラティスと比べて運動的に穏やかなものが比較的多く、消費カロリーとしてはピラティスに劣ります。だけど精神的なリラックスもダイエットの成功には欠かせない要素ですので、ヨガのダイエット効果が小さいとは決して言えません。

ピラティスのダイエット効果は部分痩せにあります。今までどれだけダイエットを続けてもウエストが細くならなかったり、二の腕や足痩せに失敗してきたならピラティスでダイエットをしてみましょう。

カロリー置き換えダイエットとか食事制限なんかでダイエットしてきて、ちっとも洋服やジーンズが1サイズダウンしなかったなら、ピラティスでダイエットすることで目標を達成できるかもしれません。ピラティスを続ければ今まで着れなかった洋服を着れる細く綺麗な体型になれるはずです。

ヨガは腹式呼吸やストレッチに重点を置いたエクササイズです。腹式呼吸は副交感神経を活性化させる効果があり、腹式呼吸を行うことによってリラックスできます。

また、ヨガのストレッチはピラティスのエクササイズよりも動作が緩やかなので、運動が苦手な人はまずヨガを始めてはいかがでしょうか。そして、ヨガのストレッチに慣れてきたところで、今度はピラティスを始めるとよいでしょう。