ジムでダイエット効果が出ない場合

ジムで運動してもダイエット効果が感じられないことがあると思います。自分ではジムに通ってエアロバイクや水泳など運動をしているつもりなのに、2、3か月たってもなかなか体重減という目に見えた効果が現れてこないことがあります。

このようにジムで運動をしているのにダイエット効果が現われてこない原因は何でしょうか。また、もっとダイエット効果を得たい場合、どのように改善していけばよいのでしょうか。

体重減というダイエット効果が目に見えて感じられない場合、体重という数値にこだわるのをやめてみましょう。ジムに通ってしっかり3か月運動していても体重に増減がない場合、体重以外の別の部分でダイエット効果が現われていることがあります。

どういうことかというと、今の体重がジム通いを始める3か月前と全く変わらなかったとしても、ウエストのサイズが3か月前と比べて細くなっていることがよくあります。3か月前よりも小顔になっているかもしれません。

要するに体重減という数値ではダイエット効果が感じられない場合でも、体の見た目、体型にはかなりの変化が現われている可能性が高いということです。このような体型の変化は他人の目ではっきりと感じ取れています。一緒に生活しているご家族だと体型の変化に気づかないかもしれませんが、久しぶりに会う知人は「細くなったね」と言ってくれるはずです。

なぜ体型が細くなったのに体重には変化がなかった、ということが起こるのでしょうか。その理由は体脂肪より筋肉の方が重い、という体の構造にあります。

運動すれば当然、体脂肪が減ってきます。しかしその一方で、運動により筋肉が鍛えられれば筋肉の量は増加していきます。ジムのトレーニングによって軽くかさばる体脂肪が減っていき、重くコンパクトな筋肉が増えていったのです。

そして体脂肪量と筋肉量のトータルで考えれば、体は引き締まりつつ体重には変化がなかったというわけです。ダイエットの目的は体を細くすることですので、他人から見られた時に「細くなったね」と言ってもらえるなら、体重は減っていなかったとしても全く問題がないと思うのですが、いかがでしょうか。

やはり体重も減らしていきたい場合、ひとまず今の状態を続けていきましょう。ダイエット開始後、半年から1年くらいは体重が減らなくてもよい、という考え方でジム通いを続けましょう。体さえ細くなって見た目が美しくなればそれでよいのです。

運動しても体重が減らない原因は、運動で消費したカロリー分を今まで以上に摂取しているからです。しかし急に摂取カロリーを減らしてもうまくいきません。運動すれば食欲が出てきて食べてしまうのは仕方がないことで、無理やり摂取カロリーを減らしてしまうとストレスから暴飲暴食に走ってしまうことになるからです。

ダイエット開始後、半年から1年ほど経過した時、少しずつ食事制限をして摂取カロリーを減らしてみてください。この時点の食事制限ならリバウンドする危険も少なく、明らかに体重も減っていくはずです。