みらいのこうそ

みらいのこうそは九南サービスの酵素ドリンク用の粉末です。W発酵野菜果物発酵酵素、コーンスターチ、コラーゲン、ローズヒップ末、 桑の葉エキス末などの野菜果物発酵酵素や美容成分を原材料として製造されています。

みらいのこうそのよい口コミは「レモンジュースみたいな味でおいしい」「飲むと肌が潤うような気がする」「この酵素ドリンクを飲み始めてから太りにくくなった気がする」「肌の色がよくなった気がする」「飲んでから便通がよくなった」など。よくない口コミは「飲んでから体調が悪くなった」「飲むと胃が痛くなるので私には合わない」「人工的な感じの味がして好みでない」「スクラロースという人工甘味料が入っているのを知って怖くなった」「お腹の調子が悪くなって吐き気がした」などがあります。

スクラロースという人工甘味料は、下痢による流産が発生する懸念(動物実験の9例中4例で下痢による流産が発生)があるとされています。みらいのこうそにはスクラロースが原材料に記載されています。

スクラロースは138度以上に加熱されると、塩素系ガスが発生するようです。なぜ甘味料から塩素系ガスが発生するのかと言うと、スクラロースが毒性のあるPCBやダイオキシンの仲間(ハロゲン化合物)だからです。

いろんな食品の原材料表記を確認するとわかりますが、スクラロースは非常に幅広い食品に使用されています。低カロリーでよいイメージがある人工甘味料ですが、摂取しすぎない方がよいのかもしれません。

コラーゲンを飲むと美肌になれるというイメージが一般的ですが、実はコラーゲンの美肌効果は非常に疑わしいです。コラーゲンは俗に「美容によい」と言われていますが、人での有効性については信頼できる科学データが見当たらないようです。

みらいのこうそにはビタミンCが一杯当たり1300mg配合されています。ビタミンCは体内でコラーゲンを生成する時に必須の栄養素です。みらいのこうそに配合されているコラーゲンには美肌効果はありませんが、ビタミンCには美肌効果を期待できそうです。