運動嫌いでも継続できる運動方法

痩せるために運動したいけど、運動嫌いだから継続できずに困っている…。このような悩みは非常に多いと思います。ジョギングやエアロバイクをする体力もないし、筋力がないから筋トレもダンベルも苦手。このような運動嫌いの人が継続できる運動には何があるでしょうか。

また、運動嫌いの人は根性がないので運動しても挫折しやすいと自分で考える傾向にあり、しかし食事制限だけでは痩せにくくなっていて運動の必要性は他の人以上に感じているはずです。

まずは軽い運動から初めて、体と心をゆっくりと慣らすようにしていきましょう。最初から筋トレやジョギングなどきつい運動をすれば挫折してしまいます。初日は3分でもよいので、ごく軽い運動から始めてみましょう。

運動嫌いの人にオススメなのはウォーキングです。ダイエットのために運動の必要性を感じたその日から、3分間でよいのでゆったりペースのウォーキングを開始しましょう。

たった3分間の軽いウォーキングでも、今まで全く運動をしてこなかった人にとっては絶大なダイエット効果をもたらします。この場合のダイエット効果とは消費カロリーなど直接的な痩せる効果ではなく、運動に対する苦手意識の克服というダイエット効果です。

初日の運動時間が3分だったら、翌日は5分に増やしましょう。次の日は10分間、さらに次の日は15分間…。最終的な運動時間の目標を1時間にします。

初日から1時間の運動なんてできるはずがありません。しかし、3分から始めれば、何日か過ぎていくと「この運動量じゃなんか物足りない気がする…」という気持ちになってくるものです。

いつの間にか「運動することが気持ちいい!」という気持ちに変化していきます。

運動を毎日続けると体型が変化し、それが運動意欲をさらに引き上げる結果となります。運動を始めてどれくらいで体型が変化するのかの目安ですが、1か月もすると体のあらゆる部分が細く引き締まってきたのが自分でもわかるようになります。

運動開始から2週間目でも、何かの変化を体に感じているはずです。体調がよくなって健康が増進していたり、気持ちがいつの間にか楽観的に変化して、何でもできるような気分になってきたことと思います。早い人ならこの2週間目辺りから体型にも変化が現われている頃かもしれません。

1か月目には1日1時間のウォーキングができるようになっている頃だと思います。これくらいの段階になってくると、お腹周りの脂肪が明らかに減ってきているのは間違いなく感じているはずです。今までのズボンが一段階ゆるくなっていると思います。

ウォーキングを行う時間はこれ以上増やさず、1時間のままでよいでしょう。しかしさらに上を目指すため、ウォーキングの速度を毎日少しずつ速くしていきましょう。半年後にはかつてないほど体型が引き締まって、自分の体に驚きさえ感じているはずです。